3分で読む源氏物語

 

ホームへもどる

上巻

1分で読む徒然草 第1段 1分で読む徒然草 第2~6段 1分で読む徒然草 第7~9段 1分で読む徒然草 第10~11段 1分で読む徒然草 第12~14段 1分で読む徒然草 第15~18段 1分で読む徒然草 第19段 1分で読む徒然草 第20~22段 1分で読む徒然草 第23~24段 1分で読む徒然草 第25~26段 1分で読む徒然草 第27~29段 1分で読む徒然草 第30~31段 1分で読む徒然草 第32~34段 1分で読む徒然草 第35~37段 1分で読む徒然草 第38段 1分で読む徒然草 第39~41段 1分で読む徒然草 第42~44段 1分で読む徒然草 第45~48段 1分で読む徒然草 第49~51段 1分で読む徒然草 第52~53段 1分で読む徒然草 第54~55段 1分で読む徒然草 第56~58段 1分で読む徒然草 第59~60段 1分で読む徒然草 第61~66段 1分で読む徒然草 第67~69段 1分で読む徒然草 第70~72段 1分で読む徒然草 第73段 1分で読む徒然草 第74~76段 1分で読む徒然草 第77~79段 1分で読む徒然草 第80~81段 1分で読む徒然草 第82~84段 1分で読む徒然草 第85~86段 1分で読む徒然草 第87~88段 1分で読む徒然草 第89~90段 1分で読む徒然草 第91~92段 1分で読む徒然草 第93段 1分で読む徒然草 第94~97段 1分で読む徒然草 第98~100段 1分で読む徒然草 第101~103段 1分で読む徒然草 第104~105段 1分で読む徒然草 第106~107段 1分で読む徒然草 第108段 1分で読む徒然草 第109~111段 1分で読む徒然草 第112~113段 1分で読む徒然草 第114~115段 1分で読む徒然草 第116~118段 1分で読む徒然草 第119~121段 1分で読む徒然草 第122~123段 1分で読む徒然草 第124~127段 1分で読む徒然草 第128~129段 1分で読む徒然草 第130~132段 1分で読む徒然草 第133~134段 1分で読む徒然草 第135~136段

下巻

1分で読む徒然草 第137段 1分で読む徒然草 第138~139段 1分で読む徒然草 第140~141段 1分で読む徒然草 第142~143段 1分で読む徒然草 第144~146段 1分で読む徒然草 第147~150段 1分で読む徒然草 第151~154段 1分で読む徒然草 第155~156段 1分で読む徒然草 第157~159段 1分で読む徒然草 第160~163段 1分で読む徒然草 第164~166段 1分で読む徒然草 第167~168段 1分で読む徒然草 第169~170段 1分で読む徒然草 第171段 1分で読む徒然草 第172段 1分で読む徒然草 第175段 1分で読む徒然草 第176~178段 1分で読む徒然草 第179~181段 1分で読む徒然草 第182~184段 1分で読む徒然草 第185~187段 1分で読む徒然草 第188段 1分で読む徒然草 第189~190段 1分で読む徒然草 第191~193段 1分で読む徒然草 第194段 1分で読む徒然草 第195段 1分で読む徒然草 第197段 1分で読む徒然草 第202段 1分で読む徒然草 第205~206段

1分で読む徒然草 第155段

 必読評論無常

 世に従はん人は

  世の流れに沿って生きて行こうとする人は、何よりもタイミングを把握して知らねばならない
  モノの順序を間違うと、人は耳を貸さず、心にも背くことになるので結果的に物事を成就できなくなる。そうしたタイミングというものを弁えておくべきであろう。

  ただし病気になることと、子を産むこと、死ぬことに関してはタイミングを図ることはできないし、順序が間違っていると言って取りやめになったりもしない。
  この世に生じて存在が続き、変化し、消え去るという間違いのないこの重要な事実とは、川の激流がなみなみと水を抱えて流れて行くかのようなものである。一瞬たりとも停滞せず、ただちに実行される。

  それゆえに仏道に入っている者だろうが俗世間の者であろうが、絶対成し遂げようと思うことがあるのならばタイミングがどうのこうのと弁明すべきではない。あれこれ準備したり足踏みしたりして時間を浪費してはならないのだ。

時間

  春が過ぎて夏になり、夏が終わって秋が来るのではない。春は次第に夏の雰囲気を装いはじめ、夏には既に秋の気配を漂わせ、秋はすぐに寒くなり、陰暦10月は小春日和、草も青くなって梅も蕾を付ける。
  木の葉が落ちるのも先に葉が落ちてから芽が出るのではなく、葉の下から萌え出ずる芽に耐え切れずに落葉するのだ。これは芽が生気を宿しているために、葉が落ちるとすぐ芽が出るのである。

  この世に生じて存在が続き、変化し、消え去ることは、自然の摂理以上のスピードを持つ。それでも四季にはまだ定まった順序というものがある。しかし死は突然やって来るのだ。死は前からやって来るとは限らない。そっと背後に忍び寄って来ることもある。人はみな、いつか死ぬことを知っていながらも、死が急に来るとは思わずにいるが、そんな時にこそ死は襲い来るものなのである。
  それは沖の干潟は遠くに見えるけれども、磯辺から潮が満ちて来るのと似ている。

1分で読む徒然草 第156段

故事

 大臣の大饗は

  大臣になった人が催す宴は、その大臣が相応しい場所を借用申請して挙行するのが通常である。
  藤原頼長(ふじわらのよりなが・保元の乱で敗死した平安時代末期の公卿)は東三条殿(ひがしさんじょうどの・京都市中京区の摂関家の当主の邸宅)で行った。この東三条殿は当時は内裏であったのを、頼長が借用申請したので、天皇はよそへ行幸なさったそうだ。
これというほどのコネが無くとも、皇太后の御殿などをお借りするというのが昔からの慣習である。

宴会料理
前へ 次へ
地震・台風災害対策100選 寒さ対策100選 新島八重と新島襄
B級グルメご当地グルメ完全ガイド 予言的中 予言は本当に当たるのか 参謀!黒田官兵衛の決断
2泊までの車中泊 忍者屋敷 タダで遊べるおでかけスポット
おもしろ博物館見学ガイド 旅を楽しむコツとアイデア100選 皇室なごみエピソード集
観光鍾乳洞へ行こう! 眠れないときの安眠対策100選 平清盛ゆかりの地を訪ねる
暑さ対策100選 全国伝統歴史町並み散歩 足湯に立ち寄ろう
nazzooi[ナッツーイ] 腰痛対策100選 PM2.5・黄砂対策100選
街のB級世界遺産 花粉症対策100選 大人も子供も楽しい民話の世界
カンタンに読める!金色夜叉現代版